自然深き恵那の里から森のおすそわけを名駅に

豊かに実る木の実や果物、それを求めてやってくる鳥や小動物たち。それを見守る人間。われら生きとし生ける者にとって理想となる“森”をつくろう─そんな想いをもとに、食と自然のテーマパーク『恵那 銀の森』がオープンしたのは2011年でした。食品メーカーである「銀の森コーポレーション」は、人と森をつなぐ架け橋になろうと“森のおすそわけプロジェクト”を始動させたのです。その第一弾が『恵那 銀の森』にある「パティスリー GIN NO MORI」。森の恵みをふんだんに使ったお菓子で、“森のおすそわけ”をしようと考えたのです。そしてミッドランド スクエアの盛夏に涼風を呼びこんだのが、7月上旬にオープンした「パティスリー GIN NO MORI」の名古屋店でした。

青と銀に魅せられる幻想的な森の入り口

恵那の本店、銀座店に続き、3店目となる「パティスリー GIN NO MORI」は、銀色のシンボルツリーやどんぐり型ライトなどを配し、幻想的な空間となりました。お取り寄せサイトや公式通販でオーダーが殺到しすぎて生産が追いつかなくなっているクッキー缶『プティボワ』は、名古屋店では数量限定で毎日用意されます。このほか、パウンドケーキやコンフィチュールなど、美しい自然から生み出された素材を使った“森のおすそわけ”がいっぱい。宝石箱から好きなものを探す時の心のトキメキを感じたら、それはこの幻想的な森に一歩踏み入れたということかもしれません。さぁ、ご一緒に、青と銀の世界へ出かけることといたしましょう。

岐阜県恵那市の約6,600㎡の広大な敷地に、四季折々の草木が茂る、食と自然のテーマパーク『恵那 銀の森』。
新しい味を生み出す料理長のチェス(左)と、食材を探し出すのが得意な副料理長のナッツ(右)。


プティボワ 120サイズ ¥1,944、150サイズ ¥3,564、180サイズ ¥6,264(各税込)
「婦人画報のお取り寄せ」人気スイーツランキングにて第1位を獲得したクッキー(2019年7月時点)。

紅茶缶 紅茶(ブルー缶)4種 各¥1,080、フレーバーティー(グリーン缶)4種 ¥1,512〜¥1,620(各税込)
定番の紅茶とフレーバーティーの2種類を、それぞれオリジナルデザイン缶に入れて、名古屋先行販売。

パウンドケーキ 森のめぐみ ¥3,132、栗とはちみつ ¥2,138、キャラメルオレンジ¥2,138、いちじくと胡桃のショコラ¥2,138(各税込)
ドライフルーツやナッツを使い、アルコールを利かせた大人のパウンドケーキ。